読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大雨による災害ごみ 臨時に受け入れ 広島・福山市

大雨による災害ごみ 臨時に受け入れ 広島・福山市 | NHKニュース

記事要約

今月22日の大雨で広い範囲で浸水などの被害があった広島県福山市は、この週末も廃棄物処理施設を臨時に開放して、災害で発生したごみの受け入れを行いました。


福山市では、今月22日から降り続いた大雨で市内の広い範囲が浸水したほか、土砂崩れも発生して、大量の災害ごみが発生しました。
このため、福山市は、25日に続いて26日も箕沖町の福山クリーンセンターを臨時に開放し、ごみの受け入れを行いました。クリーンセンターには、自宅が浸水した住民や土砂の撤去を行っている業者がトラックなどにごみを載せて次々訪れ、福山市によりますと、25日と26日の2日間で合わせて550トン余りのごみが持ち込まれたということです。

疑問

どれだけのゴミが発生しているのか?

考え・主張

災害というものは予測が出来ない。
マニュアルをあらかじめ作っておいた方がいいと思う。

その他

特になし