読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大雨による災害ごみ 臨時に受け入れ 広島・福山市

大雨による災害ごみ 臨時に受け入れ 広島・福山市 | NHKニュース

記事要約

今月22日の大雨で広い範囲で浸水などの被害があった広島県福山市は、この週末も廃棄物処理施設を臨時に開放して、災害で発生したごみの受け入れを行いました。


福山市では、今月22日から降り続いた大雨で市内の広い範囲が浸水したほか、土砂崩れも発生して、大量の災害ごみが発生しました。
このため、福山市は、25日に続いて26日も箕沖町の福山クリーンセンターを臨時に開放し、ごみの受け入れを行いました。クリーンセンターには、自宅が浸水した住民や土砂の撤去を行っている業者がトラックなどにごみを載せて次々訪れ、福山市によりますと、25日と26日の2日間で合わせて550トン余りのごみが持ち込まれたということです。

疑問

どれだけのゴミが発生しているのか?

考え・主張

災害というものは予測が出来ない。
マニュアルをあらかじめ作っておいた方がいいと思う。

その他

特になし

中国の竜巻 99人の死亡確認 捜索終了

中国の竜巻 99人の死亡確認 捜索終了 | NHKニュース

記事要約

中国東部の江蘇省で今月23日に発生した竜巻で、中国の国営メディアは、これまでに99人の死亡が確認され、警察や消防による捜索活動が終了したと伝え、今後は住民の生活をいかに再建するのかが課題となります。
国営の中国中央テレビなどによりますと、中国東部、江蘇省の塩城で今月23日に発生した竜巻で、地元政府は26日、記者会見を開き、これまでに99人の死亡が確認され、けが人は846人に上ると発表しました。
警察や消防は、倒壊した建物などに取り残された人がいないかどうかの確認を続けていましたが、25日で捜索活動を終了したということです。

疑問

竜巻はどのようなところでどのような状況で終わるのか?

考え・主張

自然災害というものは、予測が出来ない。
どのようなことがあっても、対応できるようにしておくことが大事だと思った。

その他

特になし。

スイカ食べながら走る催しで熱中症か 7人搬送1人重体

掲載媒体名:記事のタイトル

www3.nhk.or.jp

記事要約

26日、千葉県富里市で開かれた特産のスイカを食べながら走る催しで、熱中症とみられる症状を訴える人が多数相次ぎ、7人が病院に運ばれて、このうち男性1人が意識不明の重体となっています。
千葉県富里市では、26日午前、特産のスイカを食べながら3キロから10キロの距離を走る「富里スイカロードレース大会」という催しが開かれ、1万2000人余りが参加しました。
消防によりますと、参加した男性4人、女性3人の合わせて7人が、熱中症とみられる症状を訴えて病院に運ばれ、このうち男性1人が意識不明の重体となっています。

疑問

スイカは水分が多く思えるが、スイカでは水分補給は足りなかったのか。

考え・主張

毎年、熱中症で死亡している人はいる。
これからはもっと増えていくと思う。
充分に気をつけて欲しい。

その他

特になし

yomidr.yomiuri.co.jp

記事要約

 最近、アレルギーの新しい治療法として注目されている舌下免疫療法をご存じだろうか。アレルギーの原因となるものを少しずつ飲むことによって体質を徐々に変えていくという治療法だ。
わが国では一昨年にスギ花粉、昨年にはダニ(ハウスダスト)の抽出物が含まれた舌下免疫療法の治療薬が保険適用された。
このうちダニの舌下免疫療法は、今のところダニが原因の鼻炎を治療する目的でのみ受けることができるが、
鼻炎患者だけでなく喘息(ぜんそく)患者にも効果がある可能性が欧州13カ国で実施された研究で示された。

疑問

どれだけ症状が緩和されるのか?

考え・主張

自分も喘息持ちであり、よく苦しんでいる。
喘息はとても辛いので、症状が緩和出来るようになるのは大きいと思う。
効果的な治療法が浸透していって欲しいと感じた。

その他

特になし

放射線使った転移がん新薬、臨床研究「最速5年で」…開発担当2医師 : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)

記事要約

4月に発足した量子科学技術研究開発機構(本部・千葉市)で、放射線の一種「アルファ線」を使った転移がんの治療新薬開発が始まった。
最速5年で臨床研究に入ることを目指しており、
同機構内で開発を担当する放射線医学総合研究所(放医研)の吉永恵一郎、東達也両医師に開発内容や展望などを聞いた。
リンク先には新薬の特徴などが詳しく載っている。

疑問

実際に私たちが使えるようになるまでどれくらいの期間を必要とするのか?

考え・主張

がんで苦しんでいる人はたくさんいる。
癌は見つかりにくいところに出来たりもする故尾賀あるため、
転移がんの治療が出来るようになるのあ大きいと感じた。

その他

特になし

必要な医師数…机上の理論ではなく、現場を調べて決めるべき : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)

記事要約

記事の筆者は1日に25人の予約枠で、原則週3日の診療をしています。
初対面の方の状況をお話や、検査、前医からの情報提供などによって把握し、診断を進めますが、それだけで30分前後はかかります。加えて、その日の私の意見(それが正にセカンドオピニオンであり、場合によって結論的であることも、さらに検討が必要なこともあります)を患者さんに表明し、今後の方針などを話し合う時間をとると、1時間かかることも 稀まれ ではありません。
単純計算で、午前中に3名の初対面の方があれば、それで午前中は終了してしまいますが、実際にはその間に、再診患者さんを十数名、忙しく診ているのです。それゆえ、これ以上予約枠を増やすことは無理で、初診予約待ちは6か月になっています。当然ですが、質を落とさずにできる診察数には限界があるということです。

疑問

必要な医師数はどのように決められるのか?

考え・主張

今の状況では、必ずミスが出てきてしまうと思う
必要な医師数というものをしっかり考えていくべきだと思う。

その他

特になし

医師の内因性心臓死、「過重労働が原因」…遺族が賠償求め提訴 : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)

記事要約

長崎市の長崎みなとメディカルセンター市民病院に勤務していた男性医師(当時33歳)が2014年に死亡したのは
過重労働が原因として、
妻ら遺族3人が病院を運営する地方独立行政法人長崎市立病院機構に約3億7000万円の
損害賠償を求めて長崎地裁に提訴した。提訴は4月19日付。

疑問

実際に、過重労働で死亡する人は日本に年間どれだけいるのだろうか

考え・主張

医者だけでは無く、過重労働で苦しんでいる人はたくさんいると思う。
対策して欲しいと感じた。

その他

特になし